本文へスキップ
HOME 老人クラブとは クラブの活動 県老連について 市町老連一覧 お知らせ
老人クラブとは
〜地域を基盤とする高齢者の自主的な組織です〜
現在、全国に11万クラブ、670万人の会員が活躍しています。
活動の目的
(1)仲間づくりを通して、生きがいと健康づくり、生活を豊かにする楽しい活動を行うとともに
(2)その知識や経験を生かして、地域の諸団体と共同し地域を豊かにする社会活動に取り組み
(3)明るい長寿社会づくり、保健福祉の向上に努めることを目的とします。
会員
入会を希望する高齢者で、おおむね60歳以上の方を対象としています。
・準会員や協力会員制度を取り入れ、60歳未満の方の参加も受け付けているクラブもあります。
 組織
日常的に声を掛け合い、歩いて集まることのできる小地域の範囲で組織しています。
クラブの規模は、おおむね30名から100名を標準としています。
 運営
会員主体で、自主的かつ民主的な運営をしています。
クラブ活動の財源は、会員の会費等自主財源によってまかなうことを基本としています。
 国・地方公共団体の支援
高齢者の生きがいや健康づくりの推進に向け、国、地方自治体から支援を受けています。